自動車の下取りと買取はなにが違うのか

自動車の下取りと買取はなにが違うのか

車買い取りをしてもらう時によく耳する、下取りと買い取りは何が違うのでしょうか。
まず下取りは、新しく新車を買うときに現在のっている車を買い取ってもらいます。

 

よく新車でも、買い取りがあれば10万安くなりますとか言っているキャンペーンを耳にします。
この場合は、そのお店で車を買ってくれるというのが前提になっているので、どんなにひどい車でも必ず買い取ってくれます。

 

例えば改造しているとか、少し故障しているとか、10年以上乗ってぼろぼろの状態であったとしても、必ず何万か値段がついて新車を買うときにその分割引きにしてくれます。

 

買い取りとは、いま乗っている車を売却するだけの業者で、必ずしも売却した業者で新車を買わなくてはならないという決まりはありません。
個人の自由で、売却した金額をもとにどこででも新車を買ったり中古車を買ったりすることができるので、選ぶ自由があります。

 

それから買い取りは、カーナビや社内にあるパーツを高く評価してくれて、付属品が付いていればその分査定額が上がるので、下取りよりも査定金額が上がる場合が多いです。

 

一度ネットの複数同時に見積もりができる買い取り業者で相場価格を知ってから、下取りで取引きするのも一つの手です。

自動車の下取り価格と車の臭いの関係は

下取りに出す時により金額を出したいなら、車をできるだけきれいな状態にしておくことが絶対条件です。

 

まずは外見から車のボディーはワックスがかかって輝いているように、きれいに磨いておきましょう。
もちろんタイヤもそうです。

 

それから内装が一番重要なのですが、匂いが大きなポイントです。
車は長距離の移動に使ったりもするので、中古車を買う時の消費者が見るポイントは車のきれいさと匂いで車を選びます。

 

それがよくわかっているので、下取りの時に車が臭いとかなり不利です。
一番嫌われるのがペットのにおいと、たばこのにおいです。

 

どちらも努力すれば、かなり匂いが薄くなるので、入念に掃除をしておきましょう。
洗剤を染み込ませた雑巾で、社内の内装をすべて吹きます。

 

窓ガラスも内側から、メーターのところから、ハンドル、座席もすべて拭きあげます。
そして一番最後に消臭スプレーをしておけば、かなりきれいになるはずです。

 

このようにしておくと、下取り価格が上がりますから、下取りに出す前にドアを開けた瞬間に匂いがすることがないように気をつけましょう。
汚れが付いていると、いつまでも匂いが取れないので、汚れを取る意味でもキレイに内側全体を掃除すると効果的です。